PROFILE プロフィール

シェアしたいもの

こんにちは!

「愛され美人なママになろう♡」

夢を叶えるWEBマーケター♡chiharuです。

私のプロフィール→♡♡♡

自分も、家族も、周りにも優しくできる。
おうちで、自分でコントロールして働く。
そんな、愛され美人な働き方を提案しています。

元声優、ナレーター、整理収納アドバイザー。
現WEBマーケター。

夫と3歳の娘と暮らす、横浜在住のママです^^

 

初めまして、chiharuです!

初めてわたしのことを知った方も

いらっしゃると思うので、

自己紹介させていただきます。

 

名前:chiharu

住所:横浜

趣味:献血、お片づけ、スタバの新作チェック、

読書(マンガ含む)、スイーツを食べる

 

好きなブランド:Francfranc、Afternoon Tea Living、

ジェラートピケ、無印良品、KATE SPADE、JILL STUART

 

応援してるもの:こだわりのものを提供するお店、

美味しいパン屋さん、本格派パティスリー、

老舗の名店、星野リゾート

 

わたしは現在、フリーランスで

お仕事をしています。

インターネット上で商品を販売する

ビジネスが中心です。

 

とはいえフリーランスになったのは、

アラサーをすぎてから。

それまでは、結婚、妊娠、出産を経て、

娘を保育園に預けて、コールセンターで

時短勤務していました。

 

簡単に、今の私の日常を

紹介させていただくと、

  • 何もしなくても収入が入る
  • ピンクのMacBook1台で行っている
  • 娘の習い事も、自由にさせてあげられる
  • 自分も週1〜2でホットヨガ
  • サロンも好きなように行ける
  • 家族旅行は、星野リゾートが定番
  • インターネットが代わりに
    働いてくれているので、余った時間は自由に過ごせる
  • さらに時間とお金を、
    新たな事業に使うことができる
  • お金や時間を投資して行う趣味や
    やりたいことが、事業に役立っている
  • ワーママ時代なら、出会うことすらなかった
    お金持ちや起業家さんと対等な関係を築けている
  • 自分が学んだことを人に伝えることで、
    感謝してもらえるのが楽しい

 

などなど。

 

こんなことを書いても

信じてもらえないかもしれませんし、

見た目も、私はごく普通の

30代ママですが、全て本当です。

 

私もかつて、

目標としていた人を見たとき

信じられない気持ちでいたので、

すごくわかります(笑)

 

そして元から頭がいいとか、

家がお金持ちだったとかでは一切なく、

30歳を超えてから、

ビジネスの勉強を一生懸命やってきて

今のような状況をつくることができました。

 

私は元々、声優、ナレーターをしていました。

レッスン代、生活費、飲み会など、

お金が使えなくて悩んだ時期も、

すごく多い人生を送ってきました。

 

 

私は、3人姉弟の真ん中として育ちました。

姉は、なんでも平均的にできるタイプ。

弟は、甘えん坊で、

少し手がかかる子どもでした。

 

小さい頃の私は、感情の起伏が激しく、

イライラすると、体をかきむしってしまう。

両親から「セルフコントロールしなさい!」と

何度言われたかわかりません。

 

そんな私も、紆余曲折を経て、

結婚し、子どもが生まれました。

 

「結婚して、子どもが生まれる」。

すごくわかりやすくて、

今も王道の、女性の幸せのカタチです。

でも、ハッピーエンドのその先は、

全然ハッピーじゃなかったのです。

 

主人の帰りは遅く、常にワンオペ育児。

両親も遠方なので、頼ることもできません。

「自分は子育てに向いてない」

母としての自分にも、すごく悩みました。

 

 

復職して、ワーキングマザーになってからも、

とにかく忙しい毎日。

 

朝、バタバタで準備をして、保育園に送って、

電車で通勤、仕事。

終わったらまた電車に乗って、

保育園にお迎えに行って、

家事、お風呂、寝かしつけ・・・。

 

自分の時間なんてない、ガマンばかりの日々。

でも時短勤務なので、手取りはたったの10万円。

 

感覚的には、フルタイムで働いて、

ベビーシッターと、ハウスキーパーも

やっているようなもの。

それなのに、現実的な稼ぎは、10万円なのです。

 

 

「もっともっと自由なお金が欲しい!」

「稼げる自分になりたい!」

 

そんなきっかけで始めたのが、

インターネットを使ったお仕事でした。

 

以前は、パソコン操作が大の苦手だった私が

PCメインの仕事を本業にするとは

思いもしませんでしたが・・・(笑)

 

しかし今になってわかるのは、

お金はあればあるほどいいわけではなく

使ったときに初めて効果を発揮すること。

 

そしてお金を稼ぐこと、

もっといえば、企業などに属することなく

自分の力でお金を稼げるスキルを身につければ

心の余裕も生まれ、人にも優しくなれる。

 

それによって、

さらにお金が入ってくるという

ポジティブな無限ループを

生み出すことができるのです。

 

ありがたいことに、素晴らしい成功者の方とも

お会いできるようになって、

お金持ちならではの考え方も

学ぶようになりました。

 

そんな考え方や、わたしなりの

世の中の流れの見方、

投資から学んだことなどを

このブログでは公開しています。

 

お金を稼ぐことは

実は、人に与えることに繋がります。

本来は稼ぐというのは、働いた時間ではなく、

お金をもらうだけの価値を与えるということ。

 

これからさらに、ビジネスで

お金を稼げる女性が増えれば、

世の中に生み出される、

価値あるものも増えることになります。

 

お金を得ることによって、

夫婦ゲンカが減ったり、心穏やかにもなれる。

そんな人を増やしたい思いで、

価値ある情報を発信しています。

 

 

まずはわたしの過去のストーリーを

共有できたらと思いますので、

こちらからご覧ください。

 

中学生〜反抗期。勉強せず、学校をサボる

中1のときに、自転車で交通事故に遭い、

鎖骨をボッキリ折りました。

夏休み前に骨折し、部活も中途半端になり、

クラスにもなんとなくなじめず。

 

男子に「ブス!」と言われて

号泣した事もあります><

 

マンガやアニメなど、

二次元の世界に浸っていれば、

現実を忘れられるので、

「声優になりたい!」と思ったのもこの頃。

 

「高校に行かないで、声優になる!」と

言って反対され(当たり前)、

反抗し、全く勉強しなくなります。

学校をサボるようにもなりました。

 

でも田舎なので、サボっても行く場所がなく、

海を眺めてぼーっとしてました(笑)

通りがかったトラックの運転手のおじさんが

「学校行きたくない時もあるよな!」と

缶コーヒーをおごってくれた事も!

(いい人・・・!)

 

「声優になるときに、役にたつかも」と

声楽を始めて、コンサートに

出始めたのも、この頃でした。

 

高校生〜オタ活に夢中な黒歴史

中2の途中から、全く勉強しなかったので、

成績は急降下。

でも受験したのは、地元では

そこそこのランクの公立高校。

 

私立高校は、合格したけど

「どうせ行かないでしょ」と

入学金を払わなかった両親。

公立落ちたら、まさかの高校浪人!?

 

そんな明日をも知れぬわが身でしたが、

定員割れで、奇跡の合格(笑)

 

晴れて高校生になったので、

姉、友人とサークルを結成し、

同人誌やグッズを作っていました。

書店で委託販売してもらう事も!

(いわゆる大手サークル目指してました・・・笑

黒歴史です!)

 

学校の成績は、赤点を取りまくり。

(特に数学)留年の危機。

進級がかかった追試でも赤点という、

ひどい状態でした。

 

先生に呼び出され、夕日の差す室内で

「みんなと一緒に、卒業したいだろ?」

と聞かれて、自然と涙がポロポロ。

 

「卒業、したいです・・・」と涙声で言う

ドラマのようなひと幕も経験。

(でも相変わらず、勉強はしなかったw)

 

親が見かねて、家庭教師のトライで、

大学生の先生をつけるも、全然勉強せず。

思い返すと、今でも申し訳ない><

 

18歳〜上京して、声優、ナレーターとして活動

親元を離れて上京。

レオパレスのワンルームで、

姉と二人暮らしを始めました。

 

声優養成所で、レッスンを受けたり、

バイトしたりと、忙しい毎日。

役作りのために、いろんな業種の

アルバイトにも挑戦しました。

(種類多いので、業種は割愛・・・笑)

 

・CMナレーション
・アニメ出演
・文化放送ラジオ準レギュラー
・フランスのジャパンエキスポに仕事で参加
・事務所の選抜レッスン
・朗読会

など、声優、ナレーターとしての

活動をがんばる日々。

 

テレビや映画のエキストラにも挑戦して、

TVの裏側も、少し経験しました。

多分、新人声優としての、実力や才能は、

「中の中〜上」だったと思います。

 

でも、私の声質は、いたって普通。

アイドル並の容姿でもなく、コミュ力もあまりない。

実力で生き残るためには、

少なくとも「上の中」のレベルが必要でした。

 

もう少しヤセてたら、もう少し可愛かったら。

世界が違ってたかもしれない。

今でもちょっと、くやしかったりします。

 

大切なオーディション直前に、大事件

大事なオーディションを控えていたある日、

バイト先に電話がかかってきました。

当時、同棲していた相手の会社からでした。

 

電話に出たら、

「Mさん(同棲相手)が、会社のお金を

無断で使っていました。

懲戒免職になると思います。

婚約されていると聞いていたので、一応お伝えしました」

との連絡。

 

迷惑をかけた事を、電話口で

とにかく謝罪して、バイトは早退。

頭が真っ白になりながらも、どこか冷静な自分がいて。

きちんと見える服に着替えて、

「申し訳ありませんでした・・・!!」と

その会社まで出向き、頭を下げました。

 

こんな事があったら、

精神的にボロボロですよね。

負けちゃダメだ!

こんな時こそ、チャンスをつかまないと!!

そう思って、オーディションに挑むんですけど、

全然いい結果が出なくて。

それが一層、自分落ち込ませるんです。

 

「なんでよりによって、この大事な時に・・・」

何度も何度も、思いました。

他の人がオーディションで

チャンスを掴むのを、素直に喜べない。

心がダークサイドに堕ちまくりで、

本当に苦しかったです。

 

しかも、同棲相手は、

「2人の将来のためのお金」にも手をつけていて。

私なりに更生するよう、努力しましたが、

「ちょっともうダメだな・・・」と思って、

お別れしました。

 

ひとり暮らし〜婚活、入籍

同棲していた物件を出て、

ひとり暮らしを始めました。

東横線沿いに住みたかったので、

新丸子〜武蔵小杉で物件探し。

 

・お風呂、トイレ別
・洗濯機置き場室内
・2Fから上
・駅近
・5万円台

が希望条件でした。

普通の民家の2階部分が

賃貸になっている「○○荘」に住む事に。

52000円だったかな?

 

「○○荘」とは、書きたくなくて、

建物名はいつも省略してました。

 

すでにアラサーに突入していたので、

「早くステキな相手を見つけたい!」

「仕事ができて、稼げる人がいい!」

と自分なりに婚活開始。

 

芦澤多美さんの

「お金持ちと結婚するための75日間プログラム」を

読んでいました(笑)

「もう恋なんてしたくない・・・」ではなく

「絶対ステキな相手を見つけて、

幸せになってやる!!」という勢い。

 

友人から、

「大手ハウスメーカーの

営業さんとの合コンがあるよ」

と誘われて出会ったのが、今の主人です。

 

大手ハウスメーカー時代の主人は、

とにかく忙しくて。

「1時間待って」と言われて、

3時間待たされるとか、ザラでしたw

 

付き合いでゴルフに行ってばかりだし、

休日も、旅行中でさえも、社内ケータイで、

同僚やお客さんと話し込み、待たされる。

 

とはいえ、一応順調にお付き合いを重ねて、

付き合って1周年記念に、

ディズニーランドホテルにお泊まり。

シーとランドをはしごしました。

2日目のディズニーランドでプロポーズされて、

7月22日に入籍しました。

 

挙式前にも、まさかの大事件

挙式に向けて準備をしていた、ある日の事。

「上司が話があるから、

1時間早退して、会社に来てくれないか」

と彼から連絡が入りました。

 

イヤな予感がして、向かった先で話されたのは、

主人が大きなミスをした事。

「懲戒免職になるくらいなら、

自己退職した方が、再就職の際のダメージが少ない」と

主人の上司から、退職を勧められました。

 

少し前に、式の仲人をしてもらうために、

会食していた方でしたが、

「立場上、式にも参加できない」とも言われました。

 

ひたすらショックでした。

「どうして、人生で一番幸せな瞬間のはずの、

挙式直前に、こんな事が起きるの?」

何度もそう思いました。

 

過去にも似た経験があったので(同棲相手の不祥事)

「私は幸せになれないのかな・・・」

「そんなに男性を見る目がないのかな」

と相当凹みました。

 

当時、モテ期が続いていて(笑)、

職場の6歳年下の男子、F君から、

「ちはちゃん好きだー!」と

ものすごく好意を持たれていたんですね。

 

「F君にした方が、幸せだったのかな・・・」

って思う日もありました(笑)

結婚式のキャンセルも考えましたが、

オプションは外して、極力シンプルに挙げました。

 

妊娠〜切迫早産、10時間かけて里帰り

幸い、主人は、宅建やFPを持っていたので、

再就職には困りませんでした。

就職して、少し落ち着いた頃に、妊娠が発覚。

 

ひとつネックだったのは、姉も妊娠して、

私のひと月後に出産すること。

姉は実家の近くに住んでいて、

毎日のように、実家を頼っている状態。

 

普段、頼れない分、初めての出産くらい、

「自分だけが」主役でいたかったんです。

今思えば、すごく子どもっぽいですけどね。

 

つわりは比較的軽く、妊婦健診でも経過は順調。

つらい時もあったけど、マタニティーマークをつけて、

電車に乗り、週5日、10〜19時勤務。

「整理収納アドバイザーになりたい!」と

思っていたので、2級認定講座も受けました。

 

そんなある日の検診。

お医者さんから言われたのは

「切迫早産です。すぐに入院してください」という結果。

 

「えっと、仕事はどうすれば・・・」

「行けないに決まってるでしょ!」と言われ、

呆然としながらも、入院は断って

自宅療養で乗りきる事に。

 

家では、トイレとお風呂以外は、

ひたすら横になって過ごす日々。

里帰り出産だったので、

実家から車で迎えに来てもらったのですが、

途中、大雪でまさかの通行止め!!

 

交代で運転する父と弟は、途中で険悪になるし、

飛び交う道路情報も不確かだし・・・。

結局、10時間以上かかって、実家に到着。

アーモンドチョコやお土産のプリンで

空腹を紛らわせてました(笑)

新幹線の方がよっぽど安全で早かった!

 

破水から2時間〜初産でまさかのスピード出産

実家に到着して、市民病院での検診もして、

予定日が近づいた、ある夜中。

破水らしきものがあって、急いで病院に。

 

「破水したかも」

「陣痛きたかも」

主人に電話やLINEをしても、全くつながらず。

おやすみモードにしていて、

通知されなかったんです。

 

「私がこんな状態なのに、

寝てて気づかないとか最悪・・・!」

「女性は命がけなのに、不平等すぎ!」

そうイライラしつつ、陣痛室に行ってすぐ、

激痛に襲われる私。

 

「何か出ちゃいそうですー!!」と言って、

確認してもらったら、すぐに分娩室に移動になり。

破水から2時間ちょっと。

初産にしては驚異の速さで、

娘ちゃんは生まれたのでした。

 

子育てに悩む

初めての子育ては、

とにかくつらかったです・・・!

娘ちゃんは多分、平均より怖がりで。

(成長した今でもそうです)

 

発達は問題ないはずなのに、

寝返りやずり這いを、全然しないのです。

区役所で月1回ほど、理学療法士さんに

診てもらっても、改善しません。

 

他の子がどんどん歩く中、娘ちゃんはお座りのみ。

一切、その場から動かない(笑)

他の子と比べてしまうのがつらくて、

ママ友の集まりからも、足が遠のきました。

 

そんな中、育児休暇中に

「整理収納アドバイザー1級予備講座」を受講、

「整理収納アドバイザー1級一次試験」を

受けたりしていました。

 

目標とするお片づけサービスの会社に入るべく、

子育てしながら、勉強していました。

ダメもとで申し込んだ、保育園も受かって。

(妊娠中も、週5で8時間働いていたのが

良かったのかも?)

4月からワーキングマザーになる事が

決まりました。

 

ワーキングマザーとしての生活が始まる

娘ちゃんは、保育園生活が始まる前に、

あっさりと卒乳。

私も、コールセンターに復職し、

ワーキングマザー生活が始まりました。

 

整理収納アドバイザー1級二次試験も、無事合格。

憧れのお片づけサービスの会社も、

運よく求人があり、採用が決まりました。

ところが「最初は、月1しか仕事がない」

「でも副業NG」と言われたのです。

 

保育園は月16日以上勤務しないと、

預けられないので、それだと働けない。

交渉してみるも

「あきらめてください」という冷たい言葉。

 

「女性に優しい働き方」を

提唱していた企業だったので、

そんな冷たい対応をされると思わなくて。

妊娠中からの目標が、くずれた事もあり、

かなり絶望しました。

 

整理収納アドバイザーの活動と部署異動

コールセンター勤務のかたわら、

休日に整理収納アドバイザーとして

経験を積むことに。

WEB媒体に、お片づけの取材を

受けたこともあります。

 

ただでさえ、仕事とワンオペ育児で、

毎日、息つくヒマもない状態。

休日を削って働くことで、

精神的にも、体力的にも

疲れ果ててしまいました。

 

コールセンター内で、部署異動もありました。

そこがまた、大変な現場で・・・!

医療関係の商品を扱っていて、

専門知識も必要、オペレーションも複雑なのに

導入システムが、旧式なのです。

 

人間が覚える事、気をつける事が

とにかく多くて、

初日に渡されたマニュアルは、

辞典くらいの分厚さでした。

しかもまだまだ続きがあるという・・・(笑)

 

激務で不満も多いため、人間関係もギスギス。

(怖い人、強気な人じゃないと生き残れない)

出社が、1時間早くなったことで、

朝、保育園に送るのが、

今まで以上に、大変になりました。

 

「早くして!」と毎朝怒る。

遅刻しそうになって、

いつも駅までダッシュで走る。

「何のために生きてるんだろう」

そう思う日が増えて、鬱々とするようになりました。

 

ずっとずっと、1人で育児することに、

限界を感じて。

「保育園の送りだけでもしてもらえない?」と

主人に相談したところ・・・たちまち不機嫌に!

 

「じゃあ、その機会損失の分、10万円稼げるの?」

と言われたんです。

ショックでした。

その言葉も、その金額を稼ぐ力がない自分にも。

 

こんなにつらい思いをして、頑張っても、

時短勤務なので、手取り10万円。

お給料はガマン代、と言いますが、

ガマンと金額が見合ってなかったんです。

 

待遇は良くなったものの・・・

このままじゃ稼げない。

自分が疲弊するばかりだ。

そう思った私は、上司に

「退職しようと思います」と伝えました。

 

私の評価はそこそこ高かったようで、

「失うのはもったいない人材」と

バックヤード業務を提案されました。

 

・勤務日、勤務時間は自由
・時給UP
・交通費は全額支給
・自分のペースで仕事してOK

という、なかなかの高待遇。

 

絶対に内緒でしたが、

10年以上いる大ベテランの方より、

時給がよかったんです。

保育園の送り迎えも、楽になりました。

 

とはいえ、職場の雰囲気の悪さは

以前と変わることはなく。

シフト作成しながら、

「稼ぐためには、たくさんの日数、

長時間働かないといけない」

という現実にもモヤモヤしていました。

 

同僚はワーママが多く、お子さんは、

保育園から小学生、中高校生、大学生、

社会人など幅広い年代でした。

 

「少し先」をいくワーママの姿を見て、

数年先の自分を想像したんです。

 

娘ちゃんが小学生になっても、

もっと大きくなっても、

ずっとこの職場で、働き続ける自分。

 

「・・・私にはできないな」

そう思い、今度こそ、キッパリと退職しました。

 

ビジネスを通して、やりたい夢を叶えられた

大手サークル。声優、ナレーター。

整理収納アドバイザー。

私は常に、目標に向けて努力してきました。

それでも、なかなか叶う事はなく、

思い通りにはいきませんでした。

 

もうこのまま、コールセンターで定年まで働き、

ガマンして、妥協して生きるしかない。

絶望していた未来に、光を与えてくれたのは

紛れもなくインターネットを使った

ビジネスという存在でした。

 

はじめるのに、コストもほとんどかからない。

わたしのような平凡な人間が、

人生を変える唯一の方法といっても

過言ではないかもしれません。

 

新しいスキルがどんどん身について、

成長している感覚が、何よりも楽しいです。

何人かの、その道のプロから学んだことを

次々と素直に実践し、稼いだお金を、

さらに別の人から学ぶべく投資する。

これを繰り返しました。

 

中高生の頃は、あれほどやりたくなかった勉強。

自分が興味あることなら、

不思議と楽しく勉強できます。

 

しかも学んだことを、ブログやYouTubeで

伝えることで役に立てている。

YouTubeで話すのは、

声優、ナレーター時代を思い出すので、

なかなか楽しいです(笑)

 

やっていくうちに、

必ず、意味不明なことが出てきます。

調べて、やってみて、失敗して。

繰り返すうちに、少しずつできるようになって。

わたしはこの達成感を

求めていたんだなあと心から思います。

 

ガマンして仕事をすれば、

お金をもらえたコールセンター時代。

贅沢を望まなければ、生活できました。

それでもわたしは、新しいことをどんどん学び、

実践することに、どうしようもない

ワクワクを感じます。

 

人生は、間違いなく知識と経験で変わります。

 

コールセンター時代、

年収1000万なんて逆立ちしたって

無理だと思っていました。

残業か、激務でしか増えないと

思っていたお給料。

自分でビジネスをすることで、

収入を増やすことができたのです。

 

ほとんどの人が、いまだに知りません。

知っていたとしても、やっていません。

 

ほとんどの人は「お金がない」と言いながら、

節約することばかり考えて、

収入自体を増やす発想はないように見えます。

起業やビジネスのことを、

知りもしないで怪しいと言います。

 

私も「怪しい」と思っていましたが、

この価値観をほんの少し変えて、

やってみることで、

未来は180度変わってしまいました。

 

どうか、今の価値観だけを

信じないで欲しいのです。

なりたい人の価値観を

信じてみて欲しいのです。

 

どんなに雲の上の存在がいたとしても、

「同じ人間なら無理ではないでしょ!」

そう思って、いろいろなことに

チャレンジしてきました(笑)

 

趣味と仕事が1つに

 

わたしは運が良かったなあと思います。

WEBマーケティングを知る機会に

恵まれたからです。

 

もし知らなければ、未だに会社の中で、

上司をよいしょしては、

「査定よくしてほしいなー」

「もっといい待遇の部署ないかなー」

こんなことばかり考えながら、

仕事をしていたと思います。

 

結局、働いて成果を出しても、

数千円しか上がらないお給料に、

「いつまで向上心も何もない仕事を、

やり続けるんだろう」

と悲しくなっていたことでしょう。

 

でも今は、旅行先での学びも、

人と会って刺激を受けた話も、

美容院に行って、どうすればこのサロンは

もっと流行るだろうかと考えたことも

あらゆる日常が仕事につながっていきます。

 

それをブログやYouTube、メルマガで

わたしの考えを発信することで

勉強になったと言ってくれる方がたくさんいます。

 

なんて充実している毎日だろう。

時間に縛られる予定もなく自由です。

 

もう1つ大事なことは、私の頭の中には

「ふつうは」とか「常識でいえば」

なんて言葉はほとんどありません。

 

常識にとらわれていたら

今の日常なんて、手に入らなかったからです。

常に自分の常識を疑って

過去の自分を捨てて

憧れの人の常識を取り入れてきました^^

 

尊敬する人からはどんどん学び

新しい価値観や知識を吸収し続け、

それを実践するのは本当に楽しいです。

 

これまでの勉強と違って、

学んで実践したことが確実に資産になったり、

収入として返ってくる感覚は

ものすごいモチベーションになります。

 

これからの夢・・・

ビジネスの勉強を深め、仕組みづくりをすると

ほとんど働かなくてもよくなります。

 

嘘かと思われるかもしれませんが、

働いていないのに収入が入る日も

普通にあります。

 

インターネットを使ったビジネスは

自分の代わりに、ネットが24時間働いてくれるので

お金を稼ぐだけでなく、時間的余裕もできます。

 

さらにWEBマーケティングで実績ができ、

発信を続けていると、

これまで会うことすらできなかった、

成功者さんとも話をする機会ができ、

自分のステージが変わっていくのを感じます。

 

 

また金銭的、時間的な余裕を持つことで

家族や子どもにもイライラせずに

接するようになり、

平穏な毎日のおかげで、

さらにビジネスにも集中できるという

ポジティブなループも回り出すのです。

 

メルマガ読者さんはみんな

過去のわたしのように、

女性としての働き方に疑問を持って、

先の見えない未来につらくなって

いろいろ調べた末に、ここに辿り着いたと

おっしゃっています。

 

ママになって、組織で働くのが難しくなって。

向上心ある女性が、行き場をなくしてしまうのは、

社会にとっても大ダメージですよね><

 

このWEBマーケティングという働き方が、

選択肢の1つになるくらい、

当たり前の存在となればいいなと思います。

 

 

正直な話、「女性の働き方を変えたい!」

そんな大それたことを言うつもりはありません。

 

なぜならわたしは、

本当に普通のワーママで、

人間関係で悩んだり、すぐに勉強をサボったりと

全然、特別な人間ではないからです。

 

ただ、義務教育では決して習わない

ビジネスについて、大人になってから勉強し

大きく人生を変えることができました。

 

こんなわたしが、人生を変えられたことは

誰かの希望になるんじゃないか。

そう思って、このストーリーを

公開することにしました。

 

わたしもネットという海原で

たった1つの希望を見つけたように、

あなたにとっても、チャンスを掴む

きっかけになれたら嬉しいです。

 

改めて伝えたい事

 

あくまでもお金は

幸せになるためのツールです。

自分が幸せになるものに

どんどん交換したときに初めて、

効果を発揮してくれます。

 

声優、ナレーター時代は、

めちゃくちゃ貯金をがんばっていましたが、

貯金通帳を眺めていても、何も変わりませんでした(笑)

そんなわたしも、ビジネススキルを

プロから学ぶことで、新しい世界を知り、

充実した人生を手に入れられました。

 

キレイ事なしで、資本主義社会に生きてる以上、

お金を稼ぐことを最優先にすることを

オススメしています。

 

わたしもお料理教室に行って、

何か新しいことをすれば

変わりばえのない毎日が変わるんじゃないかと

通った時期がありましたが、

結果として、人生そのものに

変化はありませんでした。

 

そしてぶっちゃけいうと

ビジネスを先に学んで、お金を稼いでしまえば

何十万かかる習い事だって、

好きなだけ通うことはできます。

できるだけ早いうちから、ビジネスを学ぶことで

それ以降の人生の選択肢は

大幅に増えるのです。

 

稼いだお金でさらに、

高レベルなビジネススキルを学び、

ツールや人に投資をすると、

もっと稼げるようになります。

 

お金によって家族の幸せも

家族の望みも叶えることができます。

せっかくこのブログに立ち寄ってくださったのなら、

あなたのビジネスを学んでみませんか?

 

選択肢の多い人生を、一緒につくっていきましょう!

 

さらに詳しい情報については、

ぜひこちらのメルマガに登録してみてください。

無料で「夢を叶えるWEBマーケティング」のテキストをプレゼントします!

私は元々、どこにでもいる、

コールセンター勤務のワーキングマザーでした。

現在はおうち起業をして、 娘を保育園や習いごとに通わせながら、 自分自身も、ゆとりのある自由な毎日を過ごしています。

好きなときにホットヨガにいったり、星野リゾートへ旅行するのも、家族の楽しみのひとつです。

とはいえ、高校卒業とともに実家を出て、

東京、千葉、神奈川で生活する中、そこそこいろんな経験をしました。

東横線沿いに住むために、 普通の民家の2階部分が賃貸になっている「○○荘」という物件に住んだ事もあります・・・笑

(駅近、5万円台、お風呂、トイレ別希望だったので)

じゃあ一体どうやって今のような生活に!?と 思われるかもしれませんが、

最近では年齢関係なく、お金と時間の自由を得ている人は、ひっそりと存在しています。

会社に雇われるのではなく、自分のビジネスを持って会社を経営しているからです。

難しそうに聞こえるかもしれませんが、

インターネットを使えば、才能や運なんて関係なく、努力次第で誰でも人生を変えることが可能です。

アラサーになってから、自分が労働するんじゃなく、インターネットが代わりに働いてくれる方法を学びました。

そしてマーケティング、ライティング、セールス、 戦略を動かす方法など、

何歳からでも本気で勉強をすれば、

生まれは変えられなくても、

その後の人生を変えられる
と知ったのです。

ずっと会社員、主婦+パートとして

働くしかない人生だと思っていた私にとって、

世界が広がって、人生の充実度が劇的に変わりました。

そして現在、自分の人生に満足していない人でも、正しくビジネスの勉強をして実践すれば、別人のように生まれ変わることだって可能です。

楽しく仕事をできる人が増えれば、世の中はもっと良くなると本気で考えています。

そういった思いから、

元々は手取り10万台のワーママだった私が

どんなことを勉強して実践し、

ここまで来ることができたのかという成功体験
を、

メルマガ読者様限定でお話ししています。

ぜひこちらから登録してみてください。

夢を叶えるWEBマーケティング♡自由なワーママの働き方

メールアドレスを入力すればすぐにメールボックスに届きます。

この記事が役立ったと思ったら、シェアしていただけると嬉しいです^^

コメント

  1. […] こんにちは!WEBマーケターのchiharuです。私の詳しいプロフィールは、こちらからどうぞ。プロフィール私も、正直、少し前までは、「アフィリエイトってあやしい」と思ってました!(笑)結論からいうと、アフィリエイトはあやしくないし、普通のビジネスのひとつです。ただこれは、ネットビジネス全体で言えることなのですが。誇大広告とか、怪しさ満点のセールス、悪質な人たちが、多いんですよね。普通の企業のWEB広告も、・突然、音声付きで動画が流れる・広告が上から下に、スルスルーと移動してきて、間違えてタップしちゃうなどのように、迷惑な広告は、やめてほしいなあと思うのです。工夫したり、趣向を凝らすのはいいんだけど、電車内で、調べ物してて、CMの音声がいきなり流れる!とか自分も周りもびっくりしちゃいます。結局、その企業や商品に、マイナスなイメージ持っちゃうんですよね。アピールするのも大事だけど、うっとおしい広告って、意味あるのかな、なんて思ってしまいます。めちゃ話がそれました!(笑) […]

  2. […] PROFILE プロフィール […]

  3. […] PROFILE プロフィール […]

  4. […] PROFILE プロフィール […]

  5. […] この質問を下さったchiharuさん。 chiharuさんは、ママだってもっと自由に輝こうをキャッチフレーズに活動されているWEBマーケターです。プロフィールはブログから。メルマガの登録で、5万円稼ぐ方法を書いたレポートもプレゼントされています。 […]

タイトルとURLをコピーしました