在宅ナレーターの音声編集とは?おすすめの編集ソフトを紹介

在宅ナレーター

こんにちは♪おうちナレーターのchiharuです。

在宅ナレーターは、自分で音声を編集してから、納品することが多いもの。

ぷるるん
ぷるるん

音声編集ってどうやるの?
音声編集ソフトってどんなものがあるの??

この記事を読めば、初心者さんの音声編集の流れや、音声編集ソフトについて分かりますよ。

※この記事は初心者さん向けの内容になっています。

※私は音響制作、録音、編集の専門家ではありません。

より詳しい解説、専門的な知識をご希望の方は、サウンドエンジニア(音響)さんのブログなどをご覧くださいませ。

在宅ナレーターの音声編集とは

在宅ナレーターが行う音声の編集は主に「ノイズの除去」です。

  • リップノイズ
  • ポップノイズ
  • ホワイトノイズ(サー…という雑音)
  • ペーパーノイズ など

収録中に入ってしまった雑音を編集して、クリアな音声に整えて納品します。

とはいえ、音声編集ソフトは万能ではありません。

ぷるるん
ぷるるん

音声編集ソフトがあるから、ノイズが入ってもいいっしょ!

chiharu
chiharu

そういうスタンスでいると、あとで泣きを見るよ・・・!

サウンドエンジニアさん並に、プロフェッショナルな知識や技術があるならともかく。

素人のつたない操作では、ノイズをうまく取り除けない場合も多々あります。

宅録では、極力ノイズが入らないように収録することが大前提で、どうしても入ってしまったノイズを編集で除去する、と考えましょう。

音声編集ソフトを使うタイミング

音声の編集方法は大きく2つあります。

  1. 音声編集ソフトを立ち上げて、収録する
  2. 収録をすませてから、音声編集ソフトに音声を取り込む

どちらの方法でも音声編集は可能です。

個人的には、自分の声のレベルなどをチェックしながら録音できるので、1の方が便利ですね。

ぷるるん
ぷるるん

あれれれ??
収録した音声が取り込めないよ!?

chiharu
chiharu

そんな時は、音声のファイル形式を確認してみて!

例えば、m4aだと読み込めなかったりするよ。

音声の納品ファイル形式は、MP3、WAVが多くなっています。

クライアントが保存形式を指定してきた場合は、そちらに変換してくださいね。

Macの場合

Macの場合は「ミュージック」でMP3などへ変換できます。

(以前はiTunesで行えましたが、Macは現在、iTunesがないのでご注意ください!)

在宅ナレーターがよく使う音声編集ソフト

在宅ナレーターの方がよく使っている音声編集ソフトをご紹介します。

※フリーソフトは利用規約を確認の上、自己責任での使用をお願いします。

フリーソフト
  • Audacity
  • Wave Padなど
有料ソフト
  • Adobe Audition
月々プラン年間プラン
(月々払い)
年間プラン
(一括払い)
3,828円2,728円28,776円
※全て税込表示
オーディオリペアソフト(有料)
  • iZotope RX8 STANDARD

音声編集ソフト、フリーと有料、どっちがいい?

無料、有料ソフトのどちらを使うは、人それぞれです。

個人的には、単価の低い案件なら、フリーソフトでも問題ないと思います。

ただ、案件をこなして「在宅ナレーターとしてステップアップしたい!」と思ったら、設備投資も大切になってきます。

chiharu
chiharu

どこを目指すかは、それぞれの価値観でいいと思います!

例えば、あなたがクライアントだとして、どちらの宅録ナレーターを選びますか?

  1. フリーソフト、お手頃な宅録機材
  2. 有料ソフト、品質の高い宅録機材

「同じ金額で依頼するなら、いい機材、いいソフトを使っている方に頼みたい」と思う人がほとんど。

ナレーションの実力差やクオリティは、その道のプロでなければ、なかなか判断しづらいもの。

クライアントによっては、使っている機材やソフトで、ある程度、応募者を絞り込むこともあります。

(安く発注したいクライアントなら、話は別ですが)

有料ソフトを使うことは、宅録ナレーターとしての姿勢のアピールにもつながります。

  • 真剣に仕事をしている
  • 副業でもプロ意識
  • より品質の高いものを提供する

とはいえ、「最初からなんでも購入しないと!」と思うとハードルが高くなりますよね。

初心者さんはまず、フリーソフトから始めるのがいいと思いますよ。

音声編集ソフトで使う機能

ここで正直に打ち明けますが、私は技術屋さんではないので、編集が得意ではありません!(爆)

音響や収録、機材に関する、プロフェッショナルでもありません!

(宅録しているからこそ、それぞれの分野のプロをより一層、尊敬できます・・・!

スタジオなどで録音、編集を担当される方々はじめ、現場のスタッフの方々を心から尊敬しております!)

chiharu
chiharu

私が知らない神的な機能があるかもしれません!

詳しい操作方法についてはぜひ、他の方のブログ記事などで検索してみてください。

ここではあくまで「パソコン操作が苦手な人」視点で説明しますね。

Audacity(フリーソフト)

私はまず、Audacityから始めました。

簡単な基本操作は、私レベルでも一日でほぼ使えるようになりました。

Audacityで主に使っていた機能はこちらです。

機能目的
無音しゃべっていない時の雑音を除去
ノイズの低減ホワイトノイズ除去
(私の場合)
修復音声の中にノイズが入った場合
切り取り
(トリミング)
不要な間をカット
スペクトラムリップノイズを探すなど

しゃべっていない時のノイズは、無音で対処できます。

ノイズの低減で、ホワイトノイズはかなり消せるかな、と感じました。(あくまで私の主観です。宅録環境にもよります)

chiharu
chiharu

ただ、しゃべっている最中のリップノイズは、消すのが難しい・・・!

修復は、ごく限られた範囲のみ使える機能なので、拡大しながら、ちまちまと細かい作業が必要。

正直、録り直した方が早いかも、と思いますね。

Adobe Audition(有料ソフト)

Adobe Auditionはノイズ除去がかなり楽です!

機能目的
無音処理しゃべっていない時のノイズ
スポット修復ブラシ
(自動修復)
音声の中にノイズが入った場合
ノイズリダクションノイズ除去

ただ、自動修復でも、リップノイズが完全には取りきれないこともあります。

自動修復はおそらく「雑音らしきものを小さくする」機能なのかな、というイメージ。

chiharu
chiharu

ノイズが目で見てわかりやすいのも便利!

「サー」というホワイトノイズなどは「ノイズリダクション」機能でノイズ除去できます。

全体の音質を保ったまま、除去できるのは便利だなと思います。

AudacityとAdobe Auditionを比べた結果

個人的な比較結果をまとめますと

AudacityAdobe Audition
環境音など雑音
リップノイズ除去
編集の使い勝手
全体的な音質

当たり前ですが、有料であるAdobe Auditionの方が、全体的に使い勝手は良くなっています。

chiharu
chiharu

あとは、有料ツールならではのブランド力や、安心感!

有料であるAdobe Auditionなら、アピールポイントとして、プロフィールに書くことも可能です。

「Audacityでいいかな〜」と思っていた方が、Adobe Auditionに変更するのも良く見かけますね。

Audacity、Adobe Audition比較まとめ
  • 初心者:Audacity
  • 中級者〜上級者:Adobe Audition

オーディオリペアツール

「オーディオリペアツール」という便利なソフトもあります。

これは何かというと、私は主に、リップノイズを消すのに使っています。

iZotope RX8 STANDARD

  • 操作に慣れが必要
  • お金がかかる

というデメリットはありつつも、リップノイズをかなりキレイに除去してくれるのは、便利ですね。

使いこなせば、整音の精度が高められる便利ツールですが、専門家ならともかく、素人がいじりすぎていい事はない、とも思っています。

ぷるるん
ぷるるん

餅は餅屋、っていうもんね!

私はあくまでナレーターなので、「ナレーションの表現や、クリアな発声、滑舌を高める方に力を注ぎたい」と思っています。

「自分ならやれる!」という方は、ぜひ極めてくださいね。

コンスタントにお仕事できるようになれば、導入してもいいのでは?と思います。

音声編集するより、収録し直した方が早い!?

初心者さんならまずは、フリーソフトの「Audacity」から始めるかと思います。

ホワイトノイズの除去なら、そこまで難しくはないけど、問題は話している最中のリップノイズ。

リップノイズに関しては、ちまちま編集するくらいなら、録り直した方が早いことも(笑)

素人が延々と「あーでもない、こーでもない」と音声をいじくると、時間もかかるし深みにハマります。(経験者)

音声は加工すればするほど、劣化していくのですよね。

chiharu
chiharu

だったら潔く、録り直す!

分割して収録して、ベストなテイクを編集してつなげるのも、一つの方法ですね。

あくまで私の場合ですが、ナレーションよりも、セリフの方がリップノイズは入りやすいです。

セリフは感情が入る分、どうしてもリップノイズのコントロールが難しいのですよね。

ナレーションは俯瞰した視点で読むので、比較的コントロールしやすいなと思います。

在宅ナレーターの音声編集方法まとめ

いかがでしたか?

在宅ナレーターの音声編集は、ノイズ除去などクリアな音声にすることがメインです。

よく使われる音声編集ソフト
  • Audacity(フリー)
  • Wave Pad(フリー)
  • Adobe Audition(有料)
  • iZotope RX8 STANDARD(有料)

「音声編集ソフトなんて、難しそう・・・」と思ったかもしれませんが、慣れれば大丈夫です!

chiharu
chiharu

パソコン操作苦手な私がいってるんだから、間違いありません!(笑)

世の中の大半のことは、慣れれば何とかなる、と思っています。

ぜひ一度、音声編集にチャレンジしてみてくださいね。

在宅ナレーション無料講座

登録直後に1回目の講座をお届けしています。

7日間の中でもとても大切な内容ですので、

登録完了しましたら、必ず1回目のメールをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました