在宅ナレーターの音声編集とは?おすすめの編集ソフトを紹介

在宅ナレーション

こんにちは♪おうちナレーターのchiharuです。

在宅ナレーターは、自分で音声を編集してから、納品することが多いもの。

ぷるるん
ぷるるん

音声編集ってどうやるの?
音声編集ソフトってどんなものがあるの??

この記事を読めば、音声編集の流れや、音声編集ソフトについて分かりますよ。

在宅ナレーターの音声編集とは

在宅ナレーターが行う音声の編集は主に「ノイズの除去」です。

  • リップノイズ
  • ペーパーノイズ
  • サー・・・という雑音など

収録中に入ってしまった雑音を編集して、クリアな音声にして納品します。

とはいえ、音声編集ソフトは万能ではありません。

ぷるるん
ぷるるん

音声編集ソフトがあるから、ノイズが入ってもいいっしょ!

chiharu
chiharu

そういうスタンスでいると、あとで泣きを見るよ・・・!

ミキサーさん並に、プロフェッショナルな編集スキルがあるならともかく。

素人のつたない操作では、ノイズをうまく取り除けない場合も多々あります。

なるべくノイズが入らないよう収録することも大切ですよ。

音声編集ソフトを使うタイミング

音声の編集方法は大きく2つあります。

  1. 音声編集ソフトを立ち上げて、収録する
  2. 収録をすませてから、音声編集ソフトに音声を取り込む

どちらでもやりやすい方でOKです。

全体的な傾向としては、チェックしながら録音できるので、1の方が多いですね。

ぷるるん
ぷるるん

あれれれ??
収録した音声が取り込めないよ!?

chiharu
chiharu

そんな時は、音声の保存形式を確認してみて!

例えば、m4aだと読み込めなかったりするよ。

音声の保存形式は、互換性のある「MP3」形式が便利かなと思います。

クライアントが保存形式を指定してきた場合は、そちらに変換してくださいね。

Macの場合は「ミュージック」でMP3への変換が可能です。

(以前はiTunesで行えましたが、Macは現在、iTunesがないのでご注意ください!)

在宅ナレーターがよく使う音声編集ソフト

在宅ナレーターの方がよく使っている音声編集ソフトをご紹介します。

無料、有料ソフトのどちらを使うは、人それぞれです。

バリバリ仕事をしていても、「無料ソフトで十分」という方もいれば、「いやいや、やっぱり操作性と機能重視で有料ソフトでしょ!」という方もいらっしゃいます。

※無料ソフトは利用規約を確認の上、自己責任での使用をお願いします。

無料ソフト
  • Audacity
  • Wave Padなど
有料ソフト
  • Adobe Audition
    (単体プラン:月額2980円・税別)

ここで正直に打ち明けますが、私は技術屋さんではないので、編集作業が得意ではありません!(爆)

chiharu
chiharu

私が知らない神的な機能があるかもしれません!

詳しい操作方法についてはぜひ、他の方のブログ記事などで検索してみてください。

ここではあくまで「パソコン操作が苦手な人」視点での説明となります。

Audacity(フリーソフト)

私はまず、Audacityから始めました。

簡単な基本操作は、私レベルでも一日でほぼ使えるようになりました。

Audacityで主に使っていた機能はこちらです。

無音しゃべっていない時の雑音を消す
ノイズの低減音声の中にノイズが入った場合
修復音声の中にノイズが入った場合
クリックノイズの
除去
音声の中にノイズが入った場合
切り取り
(トリミング)
不要な間をカット
スペクトラムリップノイズを探すのに使う

しゃべっていない時のノイズは、無音で対処できます。

chiharu
chiharu

ただ、しゃべっている最中のリップノイズは、消すのが難しい・・・!

ノイズの低減は、表現そのものが薄まる事があるのがデメリット。

修復は、ごく限られた範囲のみなので、ちまちまと細かい作業が必要。

クリックノイズの除去は、いい感じに消えることもあれば、消えないことも。

正直、録り直した方が早いかも、と思いますね。

Adobe Audition(有料ソフト)

Adobe Auditionはリップノイズ除去がかなり楽です!

無音処理しゃべっていない時のノイズ
スポット修復ブラシ
(自動修復)
音声の中にノイズが入った場合

ただ、自動修復でも、リップノイズが完全には取りきれないこともあります。

自動修復はおそらく「雑音らしきものを小さくする」機能。

chiharu
chiharu

完全に消せるわけではなく、多少残ってしまうこともあるかな〜

「サー」という環境音などは「ノイズリダクション」機能でノイズ除去できます。

全体の音質を保ったまま、除去できるのは便利だなと思います。

AudacityとAdobe Auditionを比べた結果

個人的な比較結果をまとめますと

AudacityAdobe Audition
環境音など雑音
リップノイズ除去
編集の使い勝手
全体的な音質

当たり前ですが、有料であるAdobe Auditionの方が、全体的に使い勝手は良くなっています。

Adobe Auditionは、録音途中で止めた時も、そのまま再開できるのが便利ですね。

Audacityで再開すると、新しいトラックになってしまうので、後からつなぎ合わせる必要が出てきます。

chiharu
chiharu

あとは、有料ツールならではのブランド力や、安心感!

有料であるAdobeなら、アピールポイントとして、プロフィールに書くことも可能です。

「Audacityでいいかな〜」と思っていた方が、Adobeに変更するのも良く見かけますね。

とはいえ、Audacityもそこそこ使えます。

「まずはやってみたい!」という方は、Audacityから始めるのも全然アリだと思いますよ。

音声編集するより、収録し直した方が早い!?

リップノイズに関しては、ちまちま編集するくらいなら、録り直した方が早いことも(笑)

延々とあーでもない、こーでもない、と音声をいじくると、時間もかかるし深みにハマります。

だったら潔く、録り直す!

分割して収録して、ベストなテイクを編集してつなげるのも一つの方法ですね。

chiharu
chiharu

思えば、プロの現場でもリップノイズは録り直しだったりしたなあ。

あくまで私の場合ですが、ナレーションよりも、セリフの方がリップノイズは入りやすいです。

セリフは感情が入る分、どうしてもリップノイズのコントロールが難しいのですよね。

ナレーションは俯瞰した視点で読むので、比較的コントロールしやすいなと思います。

在宅ナレーターの音声編集方法まとめ

いかがでしたか?

在宅ナレーターの音声編集は、ノイズ除去がメインです。

よく使われる音声編集ソフト
  • Audacity(フリー)
  • Wave Pad(フリー)
  • Adobe Audition(有料)

「音声編集ソフトなんて、難しそう・・・」と思ったかもしれませんが、慣れれば大丈夫です!

パソコン操作苦手な私がいってるんだから、間違いありません!(笑)

というか、世の中の大体のことは、慣れだと思っています。

ぜひ一度、音声編集にチャレンジしてみてくださいね。

在宅ナレーション無料講座

登録直後に1回目の講座をお届けしています。

7日間の中でもとても大切な内容ですので、

登録完了しましたら、必ず1回目のメールをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました