在宅ナレーターに必要な機材とは?宅録用アイテムまとめ

在宅ナレーション

こんにちは♪おうちナレーターのchiharuです。

今回は「在宅ナレーターに必要な機材」についてお話しします。

chiharu
chiharu

私がよくいただく質問の答えを、ぎゅぎゅっと詰め込みました!

まずはこの記事を見ていただければ、大体の事はわかるかと思います。

在宅ナレーターに必要な機材について、初心者さん向けに解説しますね。

在宅ナレーターに必要な機材とは?

在宅ナレーターに必要な機材は、基本的にこの4つがあれば可能です。

在宅ナレーターに必要な機材
  • 宅録用マイク
  • パソコン
  • 音声編集ソフト
  • プリンター

在宅ナレーターとしてスキルアップすると、他の機材を使うことも。

それぞれの機材について、ご紹介しますね。

在宅ナレーターの機材、上級編
  • ヘッドホン
  • オーディオインターフェース
  • ポップガード
  • 吸音材リフレクター

在宅ナレーターに必要な機材①宅録用マイク

まずは在宅ナレーターとして、自宅で録音するためのマイクですね。

chiharu
chiharu

初心者さんなら、USB接続できるマイクが便利ですよ。

マイクの詳しい説明、選び方については、こちらの記事でお話ししています。

(オーディオテクニカご担当者様に詳しく伺いました!)

在宅ナレーターの宅録向きマイクとは?

Androidスマホでは宅録できないの?

私の在宅ナレーターデビューは、iPhoneのボイスメモでの収録でした。

クライアントから「iPhoneのボイスメモでOKなので」と依頼されたのがきっかけです。

そのためか、この質問をいただくことが、本当に多いのです。

Androidのスマホでは、宅録できませんか?

iPhoneを購入しないといけませんか?

スマホは、iPhoneでなくても大丈夫ですし、購入する必要はありません。

ただ、Androidはメーカー、機種ごとにマイクの品質は様々です。

なので「Androidでもできます」とは断言できないのですね。

chiharu
chiharu

おすすめの録音アプリもご紹介できません…!

私は、とあるアプリのカスタマーサポート業務をしていましたが、Android機種はマイク品質にかなりのバラつきがありました。

実際、Android録音を試したレッスン生さんからも、こんな声が。

  • 録音すると、いつもザザザッ、などの音が入る
  • 他の録音アプリを試しても改善しない

もし試してみて、音質が良くなければ、マイクの購入を検討されるといいかと思います。

在宅ナレーターに必要な機材②パソコン

在宅ナレーターの宅録について、パソコンに関する質問も、よくいただきます。

パソコンがないと、在宅ナレーターはできませんか?

在宅ナレーターとして宅録をする際には、パソコンがあった方が断然便利です。

  • マイクをUSB接続
  • 音声編集ソフトを使う
  • ファイル形式の変更
  • オーディオインターフェイスへ接続 など
ぷるるん
ぷるるん

スマホだけだとやっぱり厳しいの?

chiharu
chiharu

本格的に在宅ナレーターをやりたいなら、ちょっと厳しいかも。

お手頃でいいから、パソコンがあった方が何かと便利!

スマホだけだと、できる案件は限られる、というのが正直な感想。

ただ、「パソコンがないと、100%できない!」というわけでもありません。

  • パソコンなしでできる案件はないか、とことん調べる
  • お手頃なパソコンはないか検索
  • 家族や友人に、少し借りられないか など

パソコンがなくても、在宅ナレーターはできないか、いろいろ方法を考えるのもひとつです。

パソコンそのものは、ハイスペックでなくても大丈夫です!

「音声もガッツリ編集したい!」という場合は、適したスペックのパソコンを使ってくださいね。

ちなみに私は、MacBook Airを使っていますが、問題なくお仕事できています。

(USBを直接挿せないのは、デメリットですが…)

オーディオインターフェイスに接続する場合は、MacBookだと不便ですね。

  • 差し込み口が少ない
  • USBを直接挿せない

在宅ナレーターのパソコン操作、どこまで必要?

あと、よくいただくのは、パソコンの操作に関する不安です。

パソコン操作も覚えないとですよね…

在宅ナレーターとして宅録する際、パソコン操作を、全て完璧にマスターする必要はありません。

  • マイクでの録音
  • 音声編集
  • クライアントとのやり取り
  • ボイスサンプル作り など

在宅ナレーターの宅録に必要な機能さえ使えれば、問題ないと思っています。

私ももともと、パソコンはほぼ操作できず、めちゃくちゃ苦手でした。

chiharu
chiharu

多分、今も使うべき便利な機能をほぼ使えていません…(笑)

でも、パソコン操作は慣れです!これだけは力強く断言できます。

わからない→調べる→やってみる→できた!

ひたすら、これを繰り返すうちに、少しずつできる事が増えていきます。

最初から全て完璧にできる必要はないので、やりながら少しずつ覚えましょうね。

在宅ナレーターに必要な機材③音声編集ソフト

在宅ナレーターとして宅録をするなら、パソコンに音声編集ソフトを入れておくと便利です。

ぷるるん
ぷるるん

え!!なんか一気に難しそうな感じが・・・!

chiharu
chiharu

大丈夫!無料で使えるフリーソフトもあるよ〜

「音声編集ソフトを購入するのは、ハードルが高い!」という場合は、無料ソフトから始めるのもあり。

不要なノイズ、リップノイズを除去して、クリアな音声にするのに役立ちます。

音声編集に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

在宅ナレーターの音声編集

それぞれの音声編集ソフトの詳しい使い方は、検索すればいろいろな解説が出てきますよ。

※フリーソフトをインストールする際は、利用規約などをご確認の上、自己責任での利用をお願いいたします。

無料ソフト
  • Audacity
  • Wave Pad など
有料ソフト
  • Adobe Audition
    (単体プラン:月額2480円税別)

在宅ナレーターに必要な機材④プリンター

クライアントからいただいた原稿は、必ず紙にプリントアウトします。

というのも、原稿チェックの際にいろいろ書き込むためには、紙が一番だから!

ただ、自宅にプリンターがないからと、わざわざ購入する必要はありません。

ぷるるん
ぷるるん

家にプリンターがないよー!

chiharu
chiharu

大丈夫!

コンビニでもプリントアウトできるよ!

スマホに専用アプリを入れれば、コンビニのプリンターでプリントアウトできます。

自宅にプリンターがなければ、ぜひ活用してくださいね。

コンビニプリント方法
  1. スマホに専用アプリをインストール
  2. 原稿をPDFに変換する
  3. コンビニのプリンターで印刷

在宅ナレーターの機材⑤ヘッドホン

ここからは、在宅ナレーターとして、必須の機材ではありません。

  • 収録しながら自分の声をモニターしたい
  • 録音した音声をしっかり確認したい

こういった場合は、ヘッドホンがあると便利です。

ぷるるん
ぷるるん

ヘッドホン、絶対必要なの?

chiharu
chiharu

必須ではないよ!
よりよい音質を追求するなら、という感じかな。

「ヘッドホン出力端子」のあるマイクなら、ヘッドホンとそのまま接続することもできます。

(オーディオテクニカのATR2100x-USBなど)

ヘッドホンは「密閉型」のものがおすすめです。

ヘッドホンも、こだわり出すとキリがない世界なので、ご注意くださいね(笑)

在宅ナレーターの機材⑥オーディオインターフェース

まずは、「オーディオインターフェースとは?」について。

在宅ナレーターとして、宅録していると音質に悩むことがあります。

  • 周りの不要なノイズを拾ってしまう
  • 音が部屋で響いてしまう など

よりよい音で収録するためには、パソコンやスマホの内臓マイクではなく、外部マイクが必要です。

マイクとパソコンを接続するために必要なのが、オーディオインターフェースなのです。

マイク → オーディオインターフェース → パソコン、ヘッドホン

※オーディオインターフェースに接続するためには、XLRマイクが必要です。

ぷるるん
ぷるるん

あれ?USBで直接接続できるマイクもあるよね?

chiharu
chiharu

USBマイクは、簡易的なオーディオインターフェースが内蔵されてるの。

在宅ナレーター初心者さんのうちは、USBマイクがおすすめです。

知識として「こういうものもあるんだなあ」くらいの感覚でOKですよ。

在宅ナレーターの機材⑦ポップガード、リフレクターなど

在宅ナレーターとして宅録する際は、ノイズ対策が必要です。

  • ポップガード
  • 吸音材のリフレクター など

特に、感度の高いコンデンサーマイクなら、ポップガードやマイクスポンジを常に使用するのもひとつ。

ぷるるん
ぷるるん

息が当たって、吹いてしまわないようにするんだね。

chiharu
chiharu

そうそう!とにかく余計なノイズを入れないのが大事!

リフレクションフィルターは、マイクの周りを吸音材で囲むもの。

  • 余計な音を拾いづらい
  • 声が反響しづらい など

吸音材のリフレクターを使うと、ノイズが軽減されますよ。

在宅ナレーターに必要な機材、宅録用アイテムまとめ

在宅ナレーターに最低限、必要な機材はこちらです。

在宅ナレーターに必要な機材
  • 宅録用マイク
  • パソコン
  • 音声編集ソフト
  • プリンター

ステップアップすると、これらの機材を使うことも。

在宅ナレーターに必要な機材・上級編
  • ヘッドホン
  • オーディオインターフェース
  • ポップガード
  • 吸音材リフレクター など

いろいろそろえないといけないんだ〜!

在宅ナレーターを始めるのに、最初から全てそろえる必要はありません。

  • 仕事に慣れてきた
  • 単価の高い案件が増えた
  • よりよい音質を追求したい など

在宅ナレーターの仕事状況で、徐々にそろえたり、いいものに買い替えるのも全然ありです。

「こういうものもあるんだな〜」と参考程度に見ておいてくださいね。

在宅ナレーターでも、どんな事でも、できる理由探しが大切です。

できない理由や言い訳は、いくらだって見つかります。

  • マイクがないから・・・
  • パソコンがないから・・・
  • パソコンが使えないから・・・
  • お金がないから・・・
  • 忙しい、時間がないから・・・

厳しいようですが、言い訳をしているうちは、何もできないし、前にも進めません。

まずはできる範囲から、少しずつはじめてみてくださいね。

在宅ナレーション無料講座

登録直後に1回目の講座をお届けしています。

7日間の中でもとても大切な内容ですので、

登録完了しましたら、必ず1回目のメールをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました